2017年03月18日

C型肝炎

C型肝炎治療薬の「ハーボニー配合錠」の偽造品が出回った問題で、行政からの処分が、薬機法に基づく「業務改善命令」だけだって!

1錠55,000円もする薬があることにビックリしましたが、1ビン百万円以上する薬が、中古品のように薬品卸売業者間で売買されていることに更にビックリで、おまけに、身分のわからない個人から薬を買っていることに失神するほどショックをうけました。

薬の流通って、そんなにテキトウだったんですね。

それも偽物の薬だってことに気が付かずに売買。
箱もないのに売買。
架空の会社名を記入して転売。

毒だったらどうするのでしょう?

人の命が失われていたらどうするのでしょう?

こんなおそろしいことが起きたのに、薬品卸売会社に業務改善命令だけだって。
逮捕者もなし?

テロに利用される可能性もありますよね。

なんてのんきな国なのでしょう。




ラベル:薬機法 C型肝炎
posted by Forty at 16:25| 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
40代おっちゃん日記」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。